DTPや色の話

多機能・高性能なアプリ

私どもDTP屋が使用しているDTP関連のアプリケーションは、日進月歩で多機能・高性能になっています。楽チンなメニューがいっぱい搭載され、一見とてもプロフェッショナルなデザインや組版が簡単に出来るような気になってしまいます。
しかし、あまりにもアプリケーションの機能に依存した仕事は、本来の目的を見失ってしまう可能性を秘めていると思います。
先に目的があって、その実現を成し遂げるために機能を活用するよう心掛けたいと思う最近です。

色の話 2(美術館の仕事1)

以前、ある美術館の収蔵図録集の仕事をした時の話です。

「より原画に近い印象を図録集で表現する」

をコンセプトに時間をかけ図録を仕上げていきました。

まず最初に行った作業は、撮影されたリバーサルフィルム(当時デジカメがなかったので)、と原画を比較することでした。(リバーサルフィルムは、当時プロカメラマンが通常使用していたフィルムで、現像処理後ネガになるのではなく、ポジ状態に仕上がりライトビュアなどで実際の色が確認できるタイプのフィルムです。)

作業時の機材は、持ち運びのできるライトビュアとメモ帳、絵画の状態を安定的に見るための美術館学芸員さん手作りの証明セットを担ぎながら、美術館を隅々まで歩きました。そこで、まず写真原稿の評価を行います。撮影時の照明状態が一番重要かと思いますが、どうしても印刷物へ展開するのに状態の悪い写真ポジフィルムについては、再撮影をお願いしました。

とにかく、写真ポジフィルムに写し撮られた作品と現物の差を、一枚一枚メモ帳に記します。(丹念にメモしないと、あまりの点数の多さに仕事場に戻ったときに忘れてしまいます。実際、かなり混乱した記憶があります)

微妙な発色部は、学芸員の方と「このベージュは、青系でしょうか?グリーン系に転んでいるでしょうか?」などと相談しながらどちらの色に仕上げるかを決定してゆきます。

通常、なかなか実物を見ながら印刷物を作り込んでゆくことは、時間的、コスト的に厳しいのが現実です。また、デジタルカメラが標準的に使われるようになり、仕事の役割分担が変化してきているのも事実です。

美術館の館長に多大なるご配慮いただき、、休館日に合わせて幾度となくその美術館に通い、じっくりと収蔵作品を見ながら色調や諧調の仕立てをすることが出来ました。今となっては貴重な経験です。

次回に続きます。

色の話 1

わたくし、大分昔の話ですがフィルム写真原稿(今ではデジタルカメラによってほとんど絶滅)を、カラー印刷するために4つの色に分解するという仕事をしておりました。

4色に分解?と思われた方もいると思いますが、通常一般的なカラー印刷においてはCMYKの4つの色のインキで印刷されます。

C シアン(藍色) M マゼンタ(紅色) Y イエロー(黄色) K  ブラック(墨色) の四つの色になります。

ご存知とは思いますが、良かったら雑誌等のカラーの部分をルーペなどで拡大してご覧下さい。4色の点々が散りばめられていると思います。(印刷会社へ入社した時、このことを知らずにびっくりしたものです)

人間が見ることの出来る可視光線域は、780nm~380nmで赤色から青紫色になります。赤色から外側を赤外線、青紫から外側を紫外線といいます。更に外側には、X線やガンマ線、放送などで使用される電波など様々な周波数の波長に分類されます。

人間が色として認識できる波長は非常に限定的な領域なんですね。ですから、夜空に輝く星空や様々な色に輝く星雲などは、赤外線カメラなどを使用すると全く別なものに見えたりします。

個人的には、実は本当の色というのはなくて、その人が感じている色がその色だと思います。(色覚には個人差もありますし、人種などによっても異なっているそうです)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ